FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene83:小説「阪急電車」
2008-03-16 Sun 23:23
 本屋で見つけたこの一冊。タイトルに惹かれて買いました。中身も吟味せずに・・・。僕の大好きな阪急電車がその表紙を飾っていたからです。

s-3月16日


 買ってから気が付きました。短編小説でした。しかも普段は絶対に読まないような内容の。阪急電車の宝塚と西宮を結ぶ今津線の駅名をタイトルにした短編小説集です。宝塚から始まって西宮北口までの8つの駅がお話の題名になっていて、しかも往路復路の一駅につき二話の面白い構成です。とりあえず、表紙とタイトルが気に入ったので本棚に飾っておきます。

 小学生時代の塾通いに始まって中学、高校、大学とずっと乗り続けた阪急電車。この電車の中で諳んじた百人一首や英単語は今でも覚えているのですから・・・。僕が阪急電車について、書いて語れば話は尽きないでしょう。

 ついでに鉄道のお話。東京ー大阪を結ぶ寝台急行「銀河」が姿を消しました。多くのファンがその最後の運転をプラットホームで見送ったとか。最終運行の切符は30秒でソールドアウトだったそうです。姿を消すとなると、急にみんなが振り向くようになる。よくあることですね。普段誰も見向きもしないからなくなるのに・・・。

 日本経済の高度成長とともに日本全国を駆け抜けた寝台列車「ブルートレイン」が見られなくなるのです。かくいう僕も、利用していなかったわけですからエラそうなことは言えません。美しいヘッドマークを冠した電気機関車に牽引されていたスマートな寝台列車引退のニュースは寂しい限りです。

 ラグビーの日本選手権では三洋電機がサントリーを破って日本一に輝きました。涙を浮かべてインタビューを受ける宮本勝文監督の表情が印象的でした。以前は、ラグビー中継でよく僕とコンビを組んでくださった宮本さんが率いたチームの優勝です。僕も嬉しくないはずがありません。おめでとうございました、そしてお疲れ様でした。ラグビーの国内シーズンはこれで一段落です。

 そして、今週20日にはプロ野球のパシフィックリーグが開幕します。楽しみですね。今年のパ・リーグは本命不在の混戦模様、最後まで目が離せないシーズンになるのではないでしょうか?

 冒頭の「阪急電車」、どんな小説か、ちょっとページを捲ってみようかな・・・。今津線を題材にするのなら、阪神国道、今津といった、渋い駅にも触れて欲しかったなぁ。
 


スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene84:彼岸の入り | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene82:東京ナイト!今日は夜勤。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |