FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene75:今年も降りましたよ!
2008-03-05 Wed 23:37
必ず降ります。何故か降ります。弥生三月に雪が・・・。今日のスカイマークスタジアムです。プロ野球のオープン戦が一時中断するほどの雪が舞ったのです。

s-3月5日①


白く霞んで見えるのが雪です。黄砂でも花粉でもありません。3月のオープン戦のこの時期、ここ神戸のボールパークでのオープン戦は、必ずといっていいほど雪に見舞われます。確か去年の3月も・・・。幸い、今日の場合、雪の影響による試合の中断は7分間で済みましたが、4年前のタイガースとのオープン戦(当時はオリックス・ブルーウェーブでした)は、なんと5回コールドゲーム。吹雪の中での試合でした。「“Called Game”じゃなく“Cold Game”だよ!」なんてジョークも飛び出すほどでした。まあ、内容が“Cold”な試合なら真夏でも見られることも・・・。

 こんな時だけは、さすがにドームの有り難味が今日の寒さと同じくらい、皆身に沁みていたのでは・・・。僕は映像操作室、つまりは室内でのお仕事なので、快適な職場環境が与えられているのでノープロブレムなのですが、吹雪の向こう側に霞むマリーンズ・バレンタイン監督の表情は呆れ顔。“No Problem”ではなさそうでした。選手達の怪我が心配ですよね。

 最後に、神戸のボールパーク、「スカイマークスタジアム」の立地について、皆様にインフォームしておきましょう。スカイマークスタジアムは神戸の中心である三宮から北西に10キロほど、地下鉄で20分の距離にあるのですが、周囲は山です。須磨といえば、関西の湘南(誰が言ったか知らないが・・・)といわれ、“海”をイメージされがちなのですが、実際は山です。スタジアム上層スタンドに上がれば明石海峡大橋を望むこともできますが・・・.。

さらに歴史にお詳しい方には、源平の合戦で知られる「ひよどり越え」の舞台の近くと言えば容易に想像できるかもしれませんね。義経が駆け抜けた山々です。平家の笛の名手、平敦盛が熊谷直実に討たれたお話で有名な合戦、「一の谷」も、かのスタジアムのすぐそばです。

話が逸れてしまいましたが、神戸のボールパークは海というより山。つまり、平野部よりは少々気温が低いのも道理です。しかしながら、よりによっての試合日の雪。今年も降りました。ボールパークに舞う弥生の雪、すっかりこの季節の風物詩です。あーさぶっ!


スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene76:インタビュー6本! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene74:決起集会!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |