FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene7:灘浜グラウンド
2007-12-20 Thu 20:36
 この季節、週末が近づくと、僕はラグビーの中継モードに入ってゆきます。そこで、今日は、神戸製鋼が練習を行う神戸市の灘浜グラウンドに向かいました。あさって、土曜日、東京の味の素スタジアムでの東芝対神戸製鋼戦の実況を担当するにあたっての取材です。
s-神戸製鋼③

 神戸市東灘区の浜側に位置する”灘浜グラウンド”、神戸の中心地から東側の臨海工業地域の中にあって、南は海が開け、北には六甲の山並みが間近に迫っています。そう、あの山崎豊子さんの小説「華麗なる一族」で、主人公の万俵鉄平(阪神特殊製鋼専務という設定)が高炉建設を夢見た、あの灘浜なんですよ。そういえば、去年の今頃は、ドラマの「華麗なる一族」にはまっていたっけ・・・・。おもわず服部隆之氏の重厚なオーケストレーションが頭を過ぎります。
s-神戸製鋼②

 今日の神戸は陽射しがあって気温も上がったのですが、何せ、海と山に挟まれたこのグラウンドです。とにかく風が冷たい!そんな中、来たるべき決戦に備えて、スティーラーズのメンバーが真剣な表情で練習に取り組んでいました。FW、BKと各パートに分かれて、サインプレイの確認やフォーメーションのチェックなど、効率よく練習メニューが消化されていました。寒風に晒されたグラウンドでひときわ目立つ選手がいました。キャプテンの後藤選手です。大きな声で檄を飛ばし、時には、選手を集めて、グラウンド上でミニミーティングを行うなど、早稲田を卒業して3年目の若さとは思えないリーダーシップぶりを発揮していました。そして何よりも、後藤選手の格好です。ほとんどの選手が上下のウインドブレーカーやトレーニングウェアを着込む中、長袖のシャツに短パン姿。ストッキングも短めで、見ている方が寒くなりそうでしたよ。気持ちが熱く燃えていたのでしょう!それに、同期の山本選手も短パン姿。小学校の体育の時間じゃないんだから!元気いっぱいでした。
s-神戸製鋼①

 次の試合が年内のラストゲーム、神戸製鋼、東芝ともに5勝2敗同士の戦いです。ここで、ここ3年の国内チャンプ・東芝にどんな戦いを見せてくれるか、注目です。今度はアウェイでの試合の神戸製鋼、僕も東京に遠征しての実況担当です。楽しみです。
 冬の陽射しが、さらに弱くなったころ、僕は灘浜グラウンドをあとにしたのですが、眼前には御影石の山が迫ってきます。阪神銀行頭取・万俵大介の邸はあの山の中腹辺りだろうか?
スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene8:味スタ! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene6:マイ趣味的音楽>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |