The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
つれづれscene505:宮古スタイル
2011-02-09 Wed 23:15
 随分、間が空いてしまいました。

 2月2日。那覇から宮古に入ると、いきなり宮古島の洗礼を受ける事に・・。

 待ってくれているはずのレンタカーの担当者が空港にいない。「さすが宮古」って感じで・・・。過去、すんなりとレンタカーを借りられた例は、僕の場合に限っていえば、ほとんどないから、そうは驚きません。

 レンタカー屋さんに電話をいれて、待つこと10分。その間に目にしたもの。

s-2011.2.6①

 空港内のディスプレイです。「世界のイチローは宮古島から誕生しました」というフレーズがウソくさい。ウソではないにしろ、正確ではないですよね。「さすが宮古島」って感じです。そんなゆる~い感じが、南国のムードを高めてくれます。結構すきです、このルーズな感じが・・・。

 空港から北へ車で10分。宮古島市民球場に到着します。世界のイチローが誕生したという伝説の球場です。

 正面入り口を入ると、こんな貼り紙が・・・。

s-2011.2.6②

 優秀なるオリックス広報担当が毎日貼りだしてくれるインフォメーションです。この季節に、曇っていても20℃オーバーなのですから、さすがに宮古島です。晴れれば、一気に気温は25℃くらいまで上昇します。雨が降って風が吹けば、本土の初冬と変わらぬ寒さになるのですから、この時期の宮古での服装が難しいんです。

 ちなみに観衆300人は、ホント大雑把な数です。宮古基準ですから・・・。イ・スンヨプ選手が数えたところ、スタンドにいた人数は76人だったとか・・・。意外に、細かいんです。アジアの大砲は・・・。

 というわけで、オリックスの宮古キャンプは第3クールに入ってゆきます。

スポンサーサイト
別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene506:宮古の海は青い! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene504:キャンプイン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。