FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene390:まもなくサッカーじゃないですか・・・。
2009-07-23 Thu 01:57
  夏の高校野球奈良大会の準々決勝、畝傍対大和広陵の試合は息詰まる投手戦。畝傍の赤木、大和広陵の澤西、両エースの投げ合いは、随所に堅い守りによる好プレーが散りばめられたナイスゲームでした。

  しかし、結末はエラーによってもたらされました。畝傍の逆転サヨナラ勝ち。大和広陵のエース澤西投手にとっては、まさに信しられない辛い幕切れとなったのです。

 ホームプレートを挟んでの試合後の挨拶。敗れたエースは笑顔でした。しかし、ベンチ前に戻って相手校の校歌が流れ終わるや否や、彼はその場に崩れて涙しました。いい試合でした。

 そんなゲームを実況していると、ポケットの携帯が震えました。あとで、着信履歴を見たならば、「GAORA植田D」との液晶表示。電話を折り返せば、8月から始まる、ドイツサッカーの件でした。もう、09-10シーズンが始まるのですよ。「大前さんの声聞いて、サッカーモードになってきました」と植田Dは言ってくれましたが、真夏の橿原球場で、僕は、なかなかサッカーという気分にはなれません。でも、もうすぐです。サッカーシーズンは・・・。

 GAORAのHPでもう既に発表されていますが、今年は、バイエルン戦のブンデスリーガに34試合に加え、ドイツ国内カップ戦の7試合もあわせて放送されるとのこと。解説陣も、昨年までの加茂周さん、本並健治さんは勿論、新たに森島寛晃さんを加えての充実ぶりです。

 こう書くことによって、自らの気持ちをサッカーモードに切り換えようとするのですが、これがなかなかスイッチが入りません。とりあえず、奈良の高校野球が終わらない事には・・・。

 残念なことに、今年は、雨で一日順延になった奈良の高校野球。そのため、決勝戦も先延ばしになってしまい、当初、決勝を担当することになっていた僕は他のスケジュール(MLB)と重なってしまい、
24日の準決勝が最後となります。ここ数年ずっと続いていた僕の決勝進出はなりません。僕の気持ちの中では、奈良の決勝戦を喋って、夏の一区切りを迎えるのが普通でしたから・・・。残念です。

 さて、その奈良大会、僕の今年のラストゲームは、郡山対畝傍の準決勝。好カードです。

 それが終われば、サッカーモードになれるかなぁ・・・。植田D!


 
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:3 | トラックバック:0
<<つれづれscene391:残念ですが・・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene389:COOL!>>
この記事のコメント
冬の時代
もうすぐ奈良代表も決まりますね。
大和広陵高校は惜しかったですね…。エラーした人は、残像がずっと頭の片隅に残ってしまうでしょうね…。広島の広陵の系列校でしょうか??

しかし、ラグビーの「ごせ」工業といい、今回の「うねび」といい、全国で読める人はどれくらいいるんでしょう??僕は駅名の方で知っていましたよ(笑)

大前さんはそろそろサッカーモードですか。僕はここのところ4連敗で観戦成績が12勝10敗になってしまいました…。「夏の陣」での遠征は残っていますが、チーム状況を見る限りあまり楽しませてもらえそうにありません。9月の西武Dの試合を欠席して北神戸に行こうかと思っているくらいです(笑)
僕はスポーツは野球しか興味がないので、刻一刻と"冬の時代"が近づいてくる感じです。そもそも今季はずっと"冬"だった気もしますが…。

では、お仕事頑張って下さい。
2009-07-23 Thu 17:26 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
大前さんが実況してくれて幸せ
いつもJ-SPORTSのORIX戦中継で聞こえてくる大前さんの声が奈良大会の中継から聞こえてきて、
びっくりしました。
やはり聞きなれている大前さんの実況は落ち着きますね。
私は畝高OBですが、30年ほど前に決勝で智弁に延長の末、逆転負けを喫し、甲子園初出場を逃して以来、久しぶりの快進撃にわくわくしてます。
郡高は強いですが、ぜひ畝高にはいい試合をして欲しいです。
私も職場で普段は仲の良い郡高野球部OBの上司と今度ばかりは火花を散らしてますので・・・。
大前さんが畝高VS郡高戦の実況をしてくれて最高です。素晴しい実況を期待してます。
2009-07-24 Fri 00:43 | URL | #-[ 内容変更]
明日の郡山-天理の決勝戦も応援してください。
2009-07-24 Fri 22:20 | URL | ぴよた #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |