FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene40:トヨタ!ナイスゲーム・・・。
2008-01-26 Sat 23:08
 国内のラグビーシーンはいよいよ深まって、国内最高レベルのトップリーグもいよいよ大詰めを迎えようとしています。今日は花園ラグビー場でお仕事でした。第一試合、コカ・コーラウエスト対NEC戦の実況と、第二試合のトヨタ自動車対東芝戦の勝利監督インタビューを担当しました。

 第二試合はしびれました!(勿論、実況した試合も好ゲームでしたが・・・)上位4強がこのあとのプレーオフトーナメントと日本選手権への出場権を手にするため、TOP4争いが激烈を極めているのですが、その渦中にある両チーム、トヨタと東芝の試合はキックオフからノーサイドまで熱かったです。

 僕はこの激戦を放送席の後ろでメモを取りながら観ていたのですが、実況している時よりも余裕があるせいか、より広い視野でゲームを観られるんですね。TV実況の場合、基本的にはモニターの映像にコメントをつけるというスタイルをとるためなのでしょうか。モニターの呪縛から解き放たれると、いろいろなものが見えてきて勉強になりますね。フォーメーションやベンチの様子など・・・。

 この試合で僕の目が追いかけていたのは、トヨタのベテランSOである廣瀬佳司選手。怪我の正面健司選手に代わっての久しぶりのスタメンでした。日本を代表するキッカーです。ブランクもあってか本来の調子ではなかったようでしたが、ドロップゴールに50メートル以上の長いペナルティーキック(いずれも失敗)には場内から大きなどよめきと拍手を呼んで、その存在感を大いに示していました。途中(後半20分)、ベンチに下がる際の表情を読む限り、自らのパフォーマンスに対する満足感は無かったような・・。砂を盛って、その上にボールをプレースする廣瀬選手独特の”儀式”が雰囲気あっていいんですねぇ。

 試合は体と体が激しくぶつかる消耗戦となりましたが、両者互いに譲らずの攻防。後半に入ってトヨタが逆転すると東芝が立て続けに2トライを奪って再逆転。残り10分からトヨタが粘ってまたまたゲームをひっくり返すという展開で、花園のスタンドもかなりヒートアップしていました。試合後のインタビューに向けてスタンバイをする僕にとっては、最後の最後までどちらの監督にインタビューをすればいいのか気持ちが落ち着きません。心の準備ってあるじゃないですか・・・。

 結局、トヨタの逆転勝利で石井龍司監督にマイクを向けさせていただいたのですが、「これで勝ち点47になりましたね」という僕の問いに「すみません。ポイント計算してませんでした」と石井監督。正直な心境だったのでしょうね。とにかく、今日の目の前の試合を獲ることに全力を注いだチームにとって、僕達メディアが好きな机上の計算とそこからはじき出される数字はそれほど大きな問題ではないのかも知れません。ただ、スポーツ報道的観点から言えば、あとひとつトヨタがトライを取れていたら、次なるステージ行きが決まっていたのですが・・・。さすがにそれは訊けませんでした。

 トヨタ対東芝の今日のゲームは両チームにとってアウェイとなる花園での試合。にもかかわらず、多くの観客がスタジアムに集まり、好ゲームに酔いしれていました。人気の地元チーム・神戸製鋼も、スタジアムのオーナー企業傘下にある近鉄も出ていない試合に大きな拍手が送られていたのです。ラグビーファンにとっては嬉しい光景でした。勿論、トヨタ自動車や東芝の企業努力による動員の効果が大きいことは分かっています。日本のラグビーがその基盤の過半(大部分)を企業に置く以上、企業による愛社精神発揚の手段として、ラグビーという熱いスポーツをもっと有効に使えればとも思いますし、そこに地域性がより鮮明に打ち出されるようになれば、とも思います。今日の試合は、企業的にも、地域的にも僕には縁のないチーム同士の対戦ではありましたが、内容の質の高さに心を動かされました。

 花園からの岐路、僕の車の前には何台もの大型バスが連なりながら走っていました。三河ナンバーのバスです。ボディーにはトヨタ自動車上郷工場の文字が・・・。恐るべし、世界規模企業の底力って感じです。遠路はるばるの応援、お疲れ様でした!

 さあ、ジャパンラグビートップリーグは次週、最終節を迎えます。僕は2月3日、花園での2試合の実況を担当します。

 この時期の週末恒例、ラグビーのお話でした・・・!
 



 
スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:2 | トラックバック:0
<<つれづれscene41:変えられるか、大阪・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene39:継続は力なり・・・。>>
この記事のコメント
スポーツ報道的観点から言えば、あとひとつトヨタがトライを取れていたら、次なるステージ行きが決まっていたのですが・・・。さすがにそれは訊けませんでした。

大前さんのその選手・関係者の心を大切にされる優しい気持ちが、日本のスポーツ界を影から支えていると思います。中継はもちろん見させていただきました。強風で寒い中ご苦労様でした。ベージュの手袋も似合っていましたよ!

今日は近鉄対マツダ、ワールド対中国電力がありますね。
近鉄、マツダはともに知り合いが出るので両方ともがんばってほしいです。

追伸 高野山高校のお話し泣けました。涙が止まりませんでした。出場が叶わないと悟ったときの校長先生の謝罪のコメントがたまりませんでした。

今年は聖望学園注目してください!。
2008-01-27 Sun 09:46 | URL | チロル #-[ 内容変更]
 チロルさんへ・・・。
 コメントありがとうございます。そうですね。インタビューって難しいですね。訊けないこと、訊いてはいけないことって、当事者とインタビュアーとの間で暗黙の了解ってあるものです。土足で踏み込めない部分はありますね。相手方から進んで話してくれるようにもってゆくのも聞き手のテクニックなんですが・・・。聖望学園ですね。タイガースの鳥谷選手の母校ですね。以前、飯能にゴルフに行った際に、車で横を通ったことがあります。「聖望ってここなんだ」って思いました。また、ブログ、読んでくださいね。
2008-01-27 Sun 19:20 | URL | 大前一樹 #TBJs9HIM[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |