FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene369:バイエルンミュンヘンTV、いよいよ最終回!
2009-05-26 Tue 00:39
  街行く人々のマスク着用率が日に日に低下してゆくのがよく分かります。"喉元過ぎれば・・・”ってやつでしょうか?確かに、過敏である必要はないですよね。

  先日、スカイマークで野球解説者の野田浩司さんがおっしゃっていました。「大前さん、今、神戸の町はあのインフルエンザの影響で、ヒトがいないんです。これじゃ、病気ではなくて、商売不振が原因で死んでしまいますよ・・・」と。解説者でありながら、神戸三宮で飲食店「まる九」を経営する野田さんならではの言葉。経営者としての苦しみが滲み出ています。
 
  この季節、この頃になると、若干、野球に対しては食傷気味の僕です。次ぎの野球の実況が、週末のオリックス対横浜戦。それまでは、野球からは遠ざかりたい・・・。そうも行かないか・・・。そろそろ、海の向こうの野球にも、目を向けないといけないし。

  さて、明日は、サッカーブンデスリーガのバイエルンミュンヘン対シュツットガルトの収録。バイエルンミュンヘンTV(視聴可能世帯700万突破のGAORAでの放送です!)の最終回収録です。さぁ、植田ディレクター、渾身の"最後の晩餐”ならぬ、"最終回のおやつ"は何か?本並氏が、口にするのは
何か!明日以降の徒然歳時記をお楽しみに・・・。

  さらに、番組最終回につき物といえば、打ち上げ!とかく、なにかにつけて、無理矢理、理由を見つけては騒ごうというのが、TVの世界。いつもと違って、夕方からの収録は、番組終了、即、打ち上げという段取りを意味しています。植田ディレクターは、大阪・梅田界隈のどんなお店をチョイスしたのか?先週、「大前さん、何か食べられへんものありますか?」って訊いてくれた植田D。即座に「ニンジン!」って答えておきましたので、ニンジン料理でないことは確かです。

  バイエルンミュンヘンTV、いよいよ感動の最終回収録。この9ヶ月、サッカーを勉強させていただきました。加茂周さん、本並健治さん、そしてスタッフの皆様、ありがとうございました。お疲れさまでした。さて、来季は、GAORAのサッカー中継はどうなるのか・・・。乞う、ご期待!


スポンサーサイト



別窓 | サッカー | コメント:4 | トラックバック:0
<<つれづれscene370:番組打ち上げ! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene368:関西対決ステッカー>>
この記事のコメント
今回改めてマスコミ恐るべし。を感じましたね。でも結局それを良しとする国民性があってこそかと。
「その国民にしてその政府ありき」ですが、マスコミも同じなんでしょうね。オザワさんスキャンダル→インフルと来て次は北朝鮮核実験で大騒ぎでしょうか。
野球食傷ぎみですか。仕事として野球に接しておられるとそう言う時期もあるのでしょうね。それも5月病の一つなのでしょうか。
そいや野球にもブンデスリーガがあるみたいですね。どんなレベルなのかしらん。ドイツで野球する人って相当変わり者扱いされる気がしますが。

気分転換に小説の話でも。桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」と言う小説を読みました。カテゴリーはミステリーになりますが、不思議な雰囲気のある小説でした。時間があれば・・・
(ただただ「一樹」つながりと言うだけの話です。すみません。ただしこの方女性ですが)
・・・Bsの一樹くんも頑張って欲しいなぁ

先日のG+解説されていた桑田氏は素晴らしかったですね。語り口がソフトで人格者でユーモアがあって且つ的確で。マイベスト解説者は野田氏なんですが、通じるものを感じました。
2009-05-26 Tue 09:03 | URL | やまし #-[ 内容変更]
バイエルン
なんだかんだいって、結局2位でしたな。

これって、ビッククラブならだれが操ってもある程度は一緒ということでしょうか??

そういえば、ワタシは今シーズンバイエルンの試合見てきたんですな。すっかり忘れてました。
2009-05-26 Tue 22:01 | URL | ジョニ #Yy4yzhhI[ 内容変更]
Re: バイエルン
> なんだかんだいって、結局2位でしたな。
>
> これって、ビッククラブならだれが操ってもある程度は一緒ということでしょうか??
>
> そういえば、ワタシは今シーズンバイエルンの試合見てきたんですな。すっかり忘れてました。


お疲れ様!そう、君は確か、昨秋、ヨーロッパを旅した際に、ホッフェンハイムとの試合を見たんだったよね。貴重な体験だよね。

たしかに、あれだけのメンバーが揃ってるんだから、本来は優勝しなくっちゃ・・・。でも、そう簡単にいかないのが、スポーツの世界なのかも・・・。

野球も一緒じゃないですか・・・。
2009-05-27 Wed 00:32 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
> 今回改めてマスコミ恐るべし。を感じましたね。でも結局それを良しとする国民性があってこそかと。
> 「その国民にしてその政府ありき」ですが、マスコミも同じなんでしょうね。オザワさんスキャンダル→インフルと来て次は北朝鮮核実験で大騒ぎでしょうか。
> 野球食傷ぎみですか。仕事として野球に接しておられるとそう言う時期もあるのでしょうね。それも5月病の一つなのでしょうか。
> そいや野球にもブンデスリーガがあるみたいですね。どんなレベルなのかしらん。ドイツで野球する人って相当変わり者扱いされる気がしますが。
>
> 気分転換に小説の話でも。桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」と言う小説を読みました。カテゴリーはミステリーになりますが、不思議な雰囲気のある小説でした。時間があれば・・・
> (ただただ「一樹」つながりと言うだけの話です。すみません。ただしこの方女性ですが)
> ・・・Bsの一樹くんも頑張って欲しいなぁ
>
> 先日のG+解説されていた桑田氏は素晴らしかったですね。語り口がソフトで人格者でユーモアがあって且つ的確で。マイベスト解説者は野田氏なんですが、通じるものを感じました。

  そうなんです。ブンデスリーガは、なにもサッカーだけの呼称じゃないんですよね。卓球もあるし・・・。
ブンデスリーガは、いわば国内リーグと言う意味なんですね。確かに、ドイツで野球とは、とてもマイノリティーなんでしょうね。ヨーロッパでは、オランダが強いですよね、野球は・・・。あさって、野田氏のお店に行ってきます・・・。
2009-05-27 Wed 00:37 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |