FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene327:侍ジャパン快勝!
2009-02-25 Wed 01:23
  EXHIBITION MATCHといえども、今日の侍ジャパンは見事な勝利でした。気持ちのいい勝ち方でした。

  京セラドームは33611人の満員。これほどまでに、注目される日本代表って・・・。

  イチローが打席に入ったときの、フラッシュの数といったら、なかなか感激ものでした。ホント、十数年前のイチローフィーバーを思い出しました。

  今日の京セラドームは鳴り物が一切ない応援スタイルで、日本の野球場ではないみたいでした。トランペットが鳴り響かない野球場はとても新鮮ではありましたが、ちょっと物足らなさがあったのも事実です。

  比較的自由に取材ができる普段の試合とは違って、今日のような国際試合では、制限が多く、ゆっくりと選手にお話を聞くことができません。

  試合前、練習から引き上げてくる、小松投手と目が合いました。「最終メンバーに残れて良かったね。おめでと。で、いつ投げるの?」と小声で聞くと、小松投手も、もっと小声で、しかし、口だけはしっかり動かしてくれて、「今日です!」と答えてくれました。

  日本代表の4番手としてマウンドに上がった小松投手は、ヒット1本を許すものの、アウト3つを全て三振で奪う見事なピッチングで、地元のファンの前で大いにアピールしてくれました。

 今日の放送でご一緒した、解説の鹿取義隆さんは「小松君のあの緩いカーブは国際大会で大きな武器になりますよ。緩急をつけるのが巧く、十分に通用するのでは・・・」と高く、彼のピッチングを評価されていました。世界一となった王ジャパンのピッチングコーチの言葉ですから、説得力がありますよね。

  さて、明日も京セラドームで今日と同じオーストラリアとの強化試合。明日は、ベンチリポートを担当します。


スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:6 | トラックバック:0
<<つれづれscene328:オージーに連勝 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene326:久々の野球実況>>
この記事のコメント
いよいよですね
野球の試合をテレビで見られるようになると開幕まであとわずか…。
昨日は昨日で素晴らしい試合をテレビで見ることが出来て良かったです。昨日の試合、スタジアムアナは『ほりえ~る』さんだったのでしょうか?英語のほうは木村さん?と思っていました。ほりえ~るさんの、イチローースッズッゥキィ~のコールが素晴らしかったです。


個人的意見ですが、昨日のようなエキシビションマッチでヒーローインタビューはいらないんじゃないかなと思いました。特にインタビュアーが最後に岩隈投手に向けた一言、『かつて本拠地だった京セラドームのファンの皆さんに一言どうぞ!』の真意がわかりません…。
湿っぽい締めですいません(;^_^A
2009-02-25 Wed 11:04 | URL | さるきち #-[ 内容変更]
オーストラリア
大前さん、昨日・今日とお疲れ様です!!
しかし、オーストラリアは守備が見ていられませんね。若手中心ではあるんでしょうけど…。
でも、他に試合をしてくれる適当な相手がいなかったんでしょうね。
あまり今回の結果をアテにしてはいけないようです。寧ろミスを反省すべきでしょう。本番ではないので、細かい所は目を瞑っても良いのかもしれませんが…。
オーストラリアは本番は良い選手が出てくるんでしょうか??元中日のデービッド・ニルソン(登録名:ディンゴ)は前回大会までで終わりですかね?彼が連れてきたカールソンは今頃何をしているんだろう…。
投手はウィリアムスやバーンサイドがいますが、マリナーズのローランドスミスなど辞退者もいるようですし、野手は知っている選手がいませんでした。

PS:オープン戦の放送は「ひかりTV」というネット配信が多いようですが、ご存知ですか?会員登録せずに無料で視聴できるのでしょうか?
2009-02-25 Wed 21:48 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
鉄道ネタ
今回は2回コメントさせていただきます。
先日軽く私鉄巡りをしてきました。主な路線は京成本線・金町線・千葉線・千原線、流鉄、新京成、山万です。ご存知なかったらすみません。
京成の都内の区間はまさに「こち亀」の世界で、下町の雰囲気は良い感じでした。
また、4両の上野行があったのには驚きました。使用車両とも相俟って、下町と調和している気がしました。
因みに京王競馬場線は平日は2両です(土休日は8両が多いですが…)。また、東急世田谷線や上野懸垂線は常時2両です。もっとも都内の一般的な通勤路線では、品川区・大田区を走る東急池上線・多摩川線の常時3両が最短でしょう。
以上、細かいネタですみませんでした。時間があったら調べてみて下さい。
PS:今日も京セラはすごい観客数だったようですね。僕は昨年の開幕戦と清原復帰試合を見に行きましたが、あの時より多いかもしれませんね。あの時は夜行バスで早朝に到着した後、時間を潰してから13時台には並んでいたので、試合開始時には既に疲れていました…。普段は2万人にも満たないので、ああいう映像を見ると複雑ですね…。
2009-02-25 Wed 22:20 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
Re: いよいよですね
> 野球の試合をテレビで見られるようになると開幕まであとわずか…。
> 昨日は昨日で素晴らしい試合をテレビで見ることが出来て良かったです。昨日の試合、スタジアムアナは『ほりえ~る』さんだったのでしょうか?英語のほうは木村さん?と思っていました。ほりえ~るさんの、イチローースッズッゥキィ~のコールが素晴らしかったです。
>
>
> 個人的意見ですが、昨日のようなエキシビションマッチでヒーローインタビューはいらないんじゃないかなと思いました。特にインタビュアーが最後に岩隈投手に向けた一言、『かつて本拠地だった京セラドームのファンの皆さんに一言どうぞ!』の真意がわかりません…。
> 湿っぽい締めですいません(;^_^A


さるきちさん、お久しぶりです!日本対オーストラリアの場内アナは堀江さんと、外国のネイティブスピーカーの方でした。確かに、昨日のヒーローの岩隈投手に「かつての本拠地・・・」って質問はないですよね。だって、別に、久しぶりでもなんでもなく、オリックス対楽天でいつも投げてるっちゅうの・・・、って感じですよね。普段、パ・リーグに興味がないのでしょうね。
2009-02-25 Wed 23:26 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
Re: 鉄道ネタ
> 今回は2回コメントさせていただきます。
> 先日軽く私鉄巡りをしてきました。主な路線は京成本線・金町線・千葉線・千原線、流鉄、新京成、山万です。ご存知なかったらすみません。
> 京成の都内の区間はまさに「こち亀」の世界で、下町の雰囲気は良い感じでした。
> また、4両の上野行があったのには驚きました。使用車両とも相俟って、下町と調和している気がしました。
> 因みに京王競馬場線は平日は2両です(土休日は8両が多いですが…)。また、東急世田谷線や上野懸垂線は常時2両です。もっとも都内の一般的な通勤路線では、品川区・大田区を走る東急池上線・多摩川線の常時3両が最短でしょう。
> 以上、細かいネタですみませんでした。時間があったら調べてみて下さい。
> PS:今日も京セラはすごい観客数だったようですね。僕は昨年の開幕戦と清原復帰試合を見に行きましたが、あの時より多いかもしれませんね。あの時は夜行バスで早朝に到着した後、時間を潰してから13時台には並んでいたので、試合開始時には既に疲れていました…。普段は2万人にも満たないので、ああいう映像を見ると複雑ですね…。


東京のBsマニアさんへ・・・。大都会での2両、3両編成って素敵ですね。余り、首都圏の私鉄には明るくないのですが、僕は京王の井の頭線が好きですね。ちょっと、阪急宝塚線に雰囲気が近いような・・・。僕個人は乗り鉄ではないのですが、昔から、私鉄より国鉄(古~い!)車両の方が好きでした。
2009-02-25 Wed 23:31 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
Re: オーストラリア
> 大前さん、昨日・今日とお疲れ様です!!
> しかし、オーストラリアは守備が見ていられませんね。若手中心ではあるんでしょうけど…。
> でも、他に試合をしてくれる適当な相手がいなかったんでしょうね。
> あまり今回の結果をアテにしてはいけないようです。寧ろミスを反省すべきでしょう。本番ではないので、細かい所は目を瞑っても良いのかもしれませんが…。
> オーストラリアは本番は良い選手が出てくるんでしょうか??元中日のデービッド・ニルソン(登録名:ディンゴ)は前回大会までで終わりですかね?彼が連れてきたカールソンは今頃何をしているんだろう…。
> 投手はウィリアムスやバーンサイドがいますが、マリナーズのローランドスミスなど辞退者もいるようですし、野手は知っている選手がいませんでした。
>
> PS:オープン戦の放送は「ひかりTV」というネット配信が多いようですが、ご存知ですか?会員登録せずに無料で視聴できるのでしょうか?

オーストラリアのジョン・ディーブル監督は言っていました。「今回のメンバーはスプリングトレーニングに参加しているMLB所属の選手が含まれていないため、国内の若手を中心に選んだとか・・・。ベストのメンバーが組めたなら、もう少し日本とも違った戦いができたはず」と。ただ、今回もM・中村やバーンサイドが不参加で、必ずしも最終メンバーが最強メンバーとならないということも強調されていました。オーストラリア代表の首脳陣には、監督も含め、ボストン、アトランタ、シアトルのパシフィックリム調査担当がいるため、日本の野球には精通しています。2004年のアテネ五輪で、日本は彼らに丸裸にされていて、弱点を徹底的に攻められた結果、オーストラリアに2戦2敗という屈辱を味わったのです。ジェフ・ウィリアムスやオクスプリングに抑えこまれました。ベストメンバーのオーストラリアと日本代表の試合を見てみたいものですね。

2009-02-25 Wed 23:43 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |