FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene319:ダイエット
2009-02-13 Fri 03:29
  70を切りました。ゴルフのスコアではありません。体重です。

  今朝、体重計に乗ったら、デジタル表示は69.5kg。久しぶりに60kg台です。おそらくは10数年ぶりの60kg台です。勿論、高熱で寝込んでいたあとの、“ヤツレ”がその数字を運んできたことは確かです。すぐに、70オーバーとなるでしょう。

  実は、昨年夏の終わりから、ダイエットしています。当時は80オーバーでした。体重にして13キロ、ウエストにして4インチのダウンサイジングです。

  決意の発端は、たいしたことではありません。見た目がイヤだったから・・・。学生時代はアンダー60だったのですよ。「よし、ここは、頑張って、体重を落とそう!」となったわけです。

  最近になって、各方面から「大前ちゃん、痩せた?」とか「大前ちゃん、どこか、具合悪いの?」など訊かれます。体は悪くありません。(発熱で倒れていましたが・・・)むしろ快調です。

  そして、次に訊かれることは、「どうやって痩せたん?」

  別に、たいしたことはしていません。

  食事にほんの少しだけ、気を配ること。そして適度な運動。これだけです。

  バナナダイエットも納豆ダイエット(←これ、禁句かも)もしていません。ただ、食品に表示されているカロリーはマメにチェックしました。同じ、カテゴリーの商品でも、銘柄によって熱量は異なるものです。

  ただ、これだけは言えます。美味しいものは、カロリー、高いです。

  とりあえず、好きだった、コーラとポテチは止めました。これは、必須かもしれません。こと、ダイエットに関して言えば、マク○ナル○はきっと×です。ミス○も×だと思います。メニューにカロリー表示がされていたら、「食べよう!」という気は起こらないはずです。そうです、美味しいものは、高カロリーなのです。

  
  僕の目標は65kg。さて、どこまで、近づけるか・・・。自転車もいいそうですよ。

  ボチボチ頑張ります。


  
スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:3 | トラックバック:0
<<つれづれscene320:時間待ち! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene318:発熱!>>
この記事のコメント
体重
(失礼ながら)大前さんはそんなに体重があるんですか!!専らYahoo動画で声をお聞きすることしかできないので、気づきませんでした…。もちろん身長がどの位おありかにもよりますが、ダイエットの必要性を感じていらっしゃるんですね。
僕も今年に入って勉強漬けのせいか3キロ太って65キロになってしまいました身長が168しかないので、最早太り気味です(泣)受験生の時は全く体重が変わらなかったんですがねぇ…。やっぱり強い不安やストレスに苛まれていると太りにくい人もいるんですかね??
僕はそれ以前に「過敏性大腸症候群」に苛まれました。便秘や下痢がヒドい状態が1年間継続し、勉強よりもよっぽ大変でした。
それを思えば3キロ太った位のことはどうってことない気もしますが、春休みになったら近くの川沿いを走ってダイエットに挑戦したいと思います。
もっともどの位続くかは疑わしいものですが…。自転車に乗ることは効果があるんですかね??以前奥多摩に行った時などは8時間走り続けたこともあるので、そうできれば楽しくていいのですが…。
では、大前さんも無理のない範囲でご自分のペースで努力を続けて下さい!!PS:文の最初で失礼なことを言ってしまって申し訳ありません。
2009-02-13 Fri 20:35 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
訂正
さっきの訂正です。「そんなに体重があったんですか」ですね。過去形じゃなくちゃいけません。70キロ前後なら普通ですもんね。失礼しました。
2009-02-13 Fri 20:38 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
Re: 訂正
> さっきの訂正です。「そんなに体重があったんですか」ですね。過去形じゃなくちゃいけません。70キロ前後なら普通ですもんね。失礼しました。


東京のBsマニアさん!今、東京で書いています。江東区青海のJスポーツの控室です。まだ、若いから体重なんか気にしなくてもいいんじゃないですか?まだまだ代謝の方も盛んなはずですから・・・。ただ自転車は絶対いいと思いますよ。1日30分でもいいから、ペダルを踏むといいそうですよ。僕もできていませんが・・・・。無理してのダイエットは辛いし、続かないですよ。


2009-02-14 Sat 18:09 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |