FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene309:対談取材!
2009-01-27 Tue 00:41
  26日は午後から取材が2本。いずれも、オリックス・バファローズのイヤーブック「パーフェクトガイド2009」の対談記事の取材でした。

  1本目は、オリックスの先発4本柱である昨シーズンの2ケタ勝利カルテット、山本、小松、金子、近藤、4投手の対談でした。こちらは、頭脳明晰、最年長の山本投手が、しっかり対談をリードしてくれて、さすがは慶應BOYって感じ。小松投手も、しっかり存在感を示せば、他の3人が羨む才能を持つ金子投手はしっかりマイペースをキープ、そしてやわらかホンワカ系の近藤投手が場の雰囲気を和ませてくれました。

  これまで、個別には幾度となくお話を聞かせてもらっていた4人ですが、一堂に会しての対談なんて初めてで、印象も新たにした次第です。で、この4人のイメージをひと言で表すならば・・・。

  山本省吾投手⇒見事に研磨された御影石のよう。頭の回転の良さはまさに石英の輝きの如し!
  小松聖 投手⇒荒波をも砕く、岩の如し。ただし、その岩の周りは小魚も集う憩いの場。
  金子千尋投手⇒喩えるなら滑らかこの上ない絹。どこまでもナチュラル!
  近藤一樹投手⇒柔らかな雲。つかみ所なくミスティー。

  そしてもう1本の取材が、Bsファンなら誰でも知るところの「Bs羞恥心」、坂口、大引、小瀬、3選手の対談です。こちらは、もう3人が3人とも関西人。当然、その場はお笑いモード。お互いがお互いを、持ち上げたと思えば、すぐに落としにかかるという、どこまでも笑いには厳しい3人でした。勿論、野球にも厳しい3人なのですが・・・。その3人の印象はというと・・・。

  坂口智隆選手⇒“羞恥心”のリーダー。Bsの核弾頭も実は小心者、もとい繊細な神経の持ち主!
  大引啓次選手⇒自称、羞恥心のプロデューサー。一見、優等生も実は・・・。  
  小瀬浩之選手⇒決して憎まれないキャラは貴重。まさに天然、ある意味天才。

   キャンプ前の忙しい時期に、7人の選手の皆さん、ありがとうございました。楽しくも貴重なお話を訊くことができました。こうやって見てみると、Bsの主力選手って外国人を除くと、みんな若いんです。まだまだ伸びシロのある選手が多いということは、このチームの大きな可能性を意味していますよね。僕も長い間、このチームを観させていただいていますが、「なんか、いいチーム、楽しみなチームになってきたなぁ」という印象を強く受けました。「2009年はひょっとして・・・・」ですよ。
  
  これら対談の詳しい内容は、オリックス・バファローズの「パーフェクトガイド2009」に掲載予定です。どうぞ、お楽しみに!

  さて、しばらくは、原稿の締め切りに追われる毎日となりそうです。自転車にも乗りたいんだけど・・・・。

  
 
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:2 | トラックバック:0
<<つれづれscene310:Bsの新外国人投手 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene308:あとは乗るだけ、走るだけ・・。>>
この記事のコメント
パーフェクトガイド
パーフェクトガイドは毎年楽しみにしてますよ!!Bsの選手は雑誌やTVなどのメディアで取り上げてもらえる機会が限られているので、ナマの声が聞けるのが嬉しいです。
"2ケタカルテット"の対談は非常に貴重ではないでしょうか??
また、"Bs羞恥心"は明るいキャラで楽しませてくれるので、そちらの記事も楽しみです。
選手名鑑などもファンにとってはたまらない充実した内容なので、今年も発売されたらすぐに購入しますよ!!
大前さんの取材の成果を楽しみにして、あと1ヶ月あまり首を長くして待ちます。
2009-01-27 Tue 09:58 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
Re: パーフェクトガイド
> パーフェクトガイドは毎年楽しみにしてますよ!!Bsの選手は雑誌やTVなどのメディアで取り上げてもらえる機会が限られているので、ナマの声が聞けるのが嬉しいです。
> "2ケタカルテット"の対談は非常に貴重ではないでしょうか??
> また、"Bs羞恥心"は明るいキャラで楽しませてくれるので、そちらの記事も楽しみです。
> 選手名鑑などもファンにとってはたまらない充実した内容なので、今年も発売されたらすぐに購入しますよ!!
> 大前さんの取材の成果を楽しみにして、あと1ヶ月あまり首を長くして待ちます。


東京のBsマニアさん!是非、パーフェクトガイドを楽しんでくださいね。まだ原稿書いていませんが・・・。昔、オリックス・ブルーウェーブ時代のイヤーブックでは、1990年代後半は僕が編集長をさせていただいていたんですよ。あのころは、仰木監督やイチロー選手関連記事の取材や執筆を担当したものです。最近のパーフェクトガイドでは、2年程前の号で、ユニフォーム変遷史を書いたのは僕です。バックナンバーなどお持ちでしたら、また読み返してみてくださいね。
では、まもなく始まる、Bsの新外国人、ジョン・レスター投手の入団記者会見に行ってきます!さっき、挨拶して握手しましたが、なかなかのナイスガイ。クレバーな雰囲気をもっていましたよ!
コメントありがとうございました。


2009-01-27 Tue 14:35 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |