FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene304:あれから14年
2009-01-18 Sun 23:37
  震災から14年。今年も、神戸ではあの日に思いを馳せるための行事が行われたようです。風化させてはいけない現実ですが、ただ、あの大震災に直面した僕でさえ、あの日の感覚が薄れつつあるのは事実です。

 今にも倒壊しそうなビルの横をする抜けるように歩いたあの頃のあの風景は、もう遠い記憶の中です。今日、三宮の地下街を歩いて、あれこれ考えてみたのですが・・・。街行く人々の表情からも震災の影は見つかりません。そう、随分、昔の話になったのでしょうか。

  神戸に住まう人、神戸に関わる人にとっての1月17日とは・・・。忘れそうになるあの出来事を見つめなおし、遠のく記憶をもう一度、蘇らせる日なのでしょう。勿論、鎮魂の灯を、心に留める日でもあるのでしょうが・・・。18日の今日、震災の日から敢えて1日遅れで、あれこれ考えてみました。

  今日は、ホームズスタジアム神戸でのお仕事!ラグビートップリーグの最終節の、近鉄対クボタ、神戸製鋼対ヤマハの2試合の実況を担当しました。2試合とも熱い試合でした。

  今日の放送席でご一緒したのは、増保輝則さん、綾城高志さん、村田亙さんの3人。ラグビーファンならご存知、かつての名プレーヤーです。村田さんとじっくりお話をさせていただくのは今日が初めてだったのですが、とっても紳士。解説でもポイントを適確に指摘してくださいました。元日本代表スクラムハーフで今は7人制日本代表の監督として頑張っていらっしゃいます。でも、村田さんが昨シーズンまでプレーされていたヤマハにとっては残念な結果になってしまいました・・・。

  さて、明日はまた野球モード。京セラドームでオリックスの大石大二郎監督のインタビュー取材です。キャンプインを直前に控え、今季の構想などについて、お話をうかがいたいと思っています。

  今日行ったホームズスタジアムも、明日行く予定の京セラドームも、あの震災のあとに建てられたもの。14年が経ちました。


   
スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:2 | トラックバック:0
<<つれづれscene305:開幕は「キターーーーー!」ですって・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene303:自主トレ花盛り!>>
この記事のコメント
時が経つのはあまりに早い…
大前さん初めまして。僕は西宮で震災に遭いました。当時幼稚園の年長だった僕は正直言ってあまり記憶がありません…。でも卒園式が仮設テント・入学式が校庭だったことは今でも鮮明に覚えています。
同じ幼稚園で亡くなった子もいたことから、かすり傷一つしなかった自分は本当に幸せだと思います。段々震災を知らない人が増えてきて、今まで以上にあの惨劇の記憶が風化してしまうことが危惧されますが、我々が下の世代の人々に語り継いでいくことで、いつまでも人々が震災の恐ろしさを考えられるようにしなければいけませんね。
震災の痕跡がないとリアリティがありませんが、僕は神戸に震災を語り継ぐのに最適な施設を見つけました。それは(高校の修学旅行時に訪れたのですが)「人と未来防災館」です。僕は小4まで西宮にいましたが、来訪直前まで全くその存在を知りませんでした。
成人を機会にまた来訪して当時について再考したいと思っています。
2009-01-19 Mon 21:18 | URL | 東京のBsマニア #-[ 内容変更]
Re: 時が経つのはあまりに早い…
> 大前さん初めまして。僕は西宮で震災に遭いました。当時幼稚園の年長だった僕は正直言ってあまり記憶がありません…。でも卒園式が仮設テント・入学式が校庭だったことは今でも鮮明に覚えています。
> 同じ幼稚園で亡くなった子もいたことから、かすり傷一つしなかった自分は本当に幸せだと思います。段々震災を知らない人が増えてきて、今まで以上にあの惨劇の記憶が風化してしまうことが危惧されますが、我々が下の世代の人々に語り継いでいくことで、いつまでも人々が震災の恐ろしさを考えられるようにしなければいけませんね。
> 震災の痕跡がないとリアリティがありませんが、僕は神戸に震災を語り継ぐのに最適な施設を見つけました。それは(高校の修学旅行時に訪れたのですが)「人と未来防災館」です。僕は小4まで西宮にいましたが、来訪直前まで全くその存在を知りませんでした。
> 成人を機会にまた来訪して当時について再考したいと思っています。

東京のBsマニアさんへ・・・。コメントありがとうございました。そう、阪神大震災というのは何も神戸だけを襲った災害ではありませんよね。近隣の、芦屋、西宮、宝塚、僕の住まいのある兵庫と境を接する池田でも大きな被害がありました。あの揺れの恐ろしさは筆舌に尽くし難い感覚として残っています。そう、癒えた傷跡を、敢えて穿るようなことはするべきではありませんが、事実は事実として後世に伝えてゆかなければならないと思います。それにしても、東京のBsマニアさんの修学旅行は関西ですか・・。里帰りだったんですね。嬉しいやら悲しいやら、って感じですよね。またコメント時々、このブログにもお立ち寄りくださいね。
2009-01-19 Mon 23:54 | URL | 大前一樹 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |