FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene33:ラグビー日和~ホムスタ~
2008-01-19 Sat 16:55
 薄雲有れども、概ね好天。気温低くも、冬なら此れ当たり前。ラグビー日和です。今日はホームズスタジアム神戸でのジャパンラグビートップリーグ第11節、神戸製鋼対リコーの試合です!そうです、三宮から十二分の、あのホムスタです。(←1月13日のscene28をご参照ください)
午前11時、スタジアムに到着。今日は地下鉄ではなく車を使ったのですが、懸念された渋滞もなく、それにしても早すぎる到着です。キックオフまで2時間、それでも会場前のブースにはファンの姿がチラホラ、熱心なサポーターです。今日は放送ではなく取材で訪れたホムスタですが、そういえばいつもは裏の関係者受付を利用する僕にとって、正面入り口から見るスタジアムってどこか、新鮮に映ります。
 s-P1190010.jpg

 スタジアムに入って、エレベータで5階まで。メインスタンドの中央上段にプレスシートが用意されています。ちなみに、いつも僕がお喋りをする実況ブースがあるのは記者席からは一段下のレベルである4階。放送席よりも、やや急な勾配に沿ってピッチを臨む記者席、僕が一番乗りでした。それにしても、ホムスタの中は寒い!冷たい!ほら、屋根は閉じた状態なのですが、今日みたいな日差しがあるときは、日光が恋しくなります。それでも無風は有り難いかも・・・。
  s-P1190013.jpg

 いざ、記者席に腰を下ろしたところで、ピッチで練習が行われているわけでもなく、少し退屈です。BGMの「ロッキーのテーマ」が閉じた屋根に反響して、いい感じで耳に伝わってきます。仕方がないので、記者席のテーブルで明日の実況(花園でのサントリー対クボタ戦)に備えて資料のチェックを始めたのでした。そして気が付けば、両チームのメンバー発表が場内では始まりました。もう、キックオフまで30分じゃないですか・・・。いつのまにかプレス関係者も記者席に集まっています。あらま、明日の準備に熱中している間に、随分時間が過ぎてしまったようです。
  放送と関係のない日は、気が楽です。緊張感ゼロ。ぼんやり神戸製鋼のスタメンアナウンス(でも何故、DJ調のアナウンスなんだろう・・・。普通がいいなぁ。ラグビーだけは・・・。好みの問題です。すみません!)を半分聞き流していると、あれ、メンバー、随分変わっているじゃないですか。ちなみに、トップリーグのスタメンは試合の2日前に発表されるのですが、それさえ、今日の僕はノーチェック。放送がなければ、ホント緊張感ナッシング。あれ、ホラがスタメン?6節以来じゃない?(こういう記憶力?はある!)高倉に八ッ橋も出てる。よく見ると、先週のメンバーと比べると7人も変わってる。平尾マジック?でもなさそう・・・。先週いい働きをしたブラッキー、大橋はスタメン出場ですからね。
  試合が始まって、2分、ホラのトライ!「やっぱ、違うわ!」って感じ。ふと僕の斜め前に座った人が頭抱えてる。リコーの佐藤監督です。その存在に気付いてからは、なんか、僕の目はピッチより佐藤監督に釘付けです。幾度と出る溜息、机に顔を伏せること数度。それもそのはず、前半34分に神戸製鋼が大橋のトライで追加点を挙げるまでは、ボールポゼション、テリトリーともに、リコーが完全に押していた状態でしたから・・・。前半35分、悩める指揮官は、席を立ってロッカーへ移動されてゆきました。より深刻に懊悩する選手に檄ををとばすために・・・。その直後、神戸製鋼・高倉がトライ!ホラのキックもいい。リコーは苦しい13位。このままだと自動降格。バリバリのワラビー、ラーカム選手の加入が決まったばかりなのに・・・。
 ところで、今日のラグビー観戦、実に楽しいです。嘘です。本当は楽なんです。放送ではないラグビー観戦。このブログ書きながら観られるのですから。後半に入っても、ボールを支配してたのはリコー。3トライを返すも、神戸との差は縮まらずじまい。今、ノーサイドの笛が鳴りました。神戸製鋼の勝ち!それでは、記者会見場へ行ってきます・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 試合後の会見で、佐藤監督は、「前半の失点が痛すぎた。後半はプラン通りいけたのに・・」と唇を噛んだ表情が苦しげでした。自動降格だけは阻止しないと。「残り2試合、全力で戦うしかない」と振り絞った言葉を信じたいなぁ。頑張れ!リコー。僕のプリンターはエプソンだけど・・・。
  一方の神戸製鋼の平尾総監督、「後半、もたつきを感じたものの勝ち点5は素直に評価したい。SOにホラ?うちのスタイルではSOは難しいポジション。ただ彼が入ることによってディフェンスに厚みが出るし、4トライ獲るための起用です」と淡々。後藤キャプテンも「前のトヨタ戦は僕らのラグビーが全否定された感じだった。そこから上手く立て直すことができた。自分達のやろうとしたことが、少なくとも前半はできたし、明るい兆しではありますね」といつもながらの熱き口調、まさに気合は十二分でした。
 s-P1190012.jpg

 さて、明日は、お仕事モードでラグビー場に出かけます!花園です。サントリー対クボタ戦です。キックオフは午後1時、その10分前からJSPORTS2でのオンエアー。解説は関西色たっぷりの川村幸治さんです。温かみのあるお話し口調、川村さんの解説、好きなんですよ。
  とっても、ラグビー日和な一日でした。




スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene34:生駒颪 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene32:「1.17」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |