The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
つれづれscene302:イチ流
2009-01-14 Wed 23:52
  寒風吹きすさぶ神戸の山奥、スカイマークスタジアムでその男は、練習に打ち込んでいました。僕が、一塁側ベンに着いた時には、大勢の報道陣が見つめる中、スーパースターはフリー打撃の最中でした。そう、イチロー選手です。

  前日からソフトバンクのムネリンも参加しての合同自主トレ。同じようにストッキングを膝下まで見せるオールドファッションスタイルの二人。何か、雰囲気あっていい感じです。

  冷たい季節風は西から東へ吹き抜けます。スカイマークでいうとライトからレフトへの風。かなりの強風でした。それでも、時折、イチロー選手が力を込めてスイングした打球は、逆風を突いてライトスタンドで弾んでいました。58スイングで柵越えは9本。さすがです。

  また今日は、WBCでピッチングコーチを務める山田久志氏が、バッティングケージの後ろで、イチロー選手の打撃を見ていらっしゃいました。山田氏は、「この寒い時期に、屋外であれだけバットを振れて、走れて、投げられるのだから、たいしたもの。もう体は仕上がってるんじゃないの?今、どの選手よりも仕上がりが早いよ。きっと・・・・」と驚きの様子。

  山田氏はまた、「今日はただ、イチローに会いに来ただけで、視察でもなんでもないんだけど、あんなバッティングを見せつけられると、原監督に『イチローは大丈夫!』って伝えなきゃ・・・(笑)」とおっしゃっていましたが、ことジャパンの投手陣になると、「どうだろうね。年末年始、TVで見る顔、みんな代表候補でしょ。ちょっと心配だなぁ。2月中旬のメンバー招集時には、キャッチャーを座らせて、全力で投げられる状態にまでしてもらわないと・・・。イチローの仕上がりぶりを観ていたら、投手の方が心配になってきたよ」とのこと。

  確かに、投げて、走って、守って、打って、すべてに仕上がっているようにも見えるイチロー選手。すぐにでも試合に出られそうな雰囲気です。すごい!

  弟分のムネリンに「あまり飛ばしすぎるなよ!」とのアドバイスもなんか、余裕たっぷり。ムネリンとしても、つられて飛ばしてしまいますよ・・・。きっと。

  イチロー選手が一流なのは誰もが認めるところ。間近で観れば、その凄さに言葉は失われます。これ、ホント!


 
スポンサーサイト
別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene303:自主トレ花盛り! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene301:花園は寒かった!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。