FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene297:熱かった!高校ラグビー準決勝
2009-01-06 Tue 01:05
  5日は高校ラグビー準決勝。2試合とも高レベルの素晴らしい試合でした。東福岡は花園では啓光(常翔啓光)には今年も勝てませんでした。いい試合でした。

  僕が実況を担当させていただいた京都成章対御所工業・実業。スコアは3対0。御所の勝利でノーサイドを迎えました。トライなしのロースコアゲームでした。得点力がなくての結果ではありません。多彩な攻めのバリエーションを持つ御所工実に対して、成章の気迫のディフェンスで立ち向かうという構図の中でゲームは進んでゆきました。

  30分ハーフの高校ラグビーですが、ホントにあっという間の前・後半の60分。喋っていても、気が付けば、ハーフタイムって感じで・・・。

  今大会、偶然にも、僕は、御所の試合を全て担当しています。そうです、2回戦から次の決勝まで、御所の試合は全て僕の声です。これって、極めて珍しい現象です。これだけ観ていると、なんか、もう背番号を見なくても、走り方や体のシルエットで、名前が言えたりします。

  さぁ、決勝は常翔啓光対御所工業・実業という、春の選抜大会の決勝カードとなりました。3年ぶりの花園も、伝統の力か、聖地では“負けない”啓光に対して、体の小ささを感じさせない“懐の深さ”を持ち合わせた御所工業・実業が、どんな試合を見せてくれますか・・・。

 7日の決勝戦の実況に備えて、6日は両校の練習の取材です。

 でも、今日負けた京都成章って本当にいいチームでした。放送席にも、その気迫、熱が伝わってきました。高校ラグビーらしい、清々しさを持ったそのプレーは昨年の長崎北陽台の戦いぶりと重なりました。

  昨年の決勝は、伏見工業と東福岡の熱戦でした。さぁ、今大会の決勝戦は・・・。

  いいゲームになりそうです。きっと。


  
スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene298:決勝前 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene296:花園準々決勝>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |