FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene260:ドラフトが終わって・・・。
2008-11-09 Sun 00:30
  最高気温が13度にも達することなく、12月半ばの気温だった土曜日。「いきなり冬かよ!」って呟きたくなるお天気です。12月半ばといえばクリスマス前ですよ。前日までの気持ち悪い暖かさから急変しましたね。気候までアナログからデジタルへと移行しているみたいです。オンかオフか、寒いか暑いか、って感じで。微妙な季節の移ろいを感じることもできないですね。

  昨日は、オリックスの球団事務所に顔を出しました。会社の大幅な組織改革と人事異動で、席替えがありました。一応、僕にもデスクが与えられておりまして、僕の席も3メートルほど移動しました。

  さて、そんな球団事務所で、スカウト部長の熊野輝光さんと、久しぶりにゆっくりお話が出来ました。熊野さんといえば、かつての阪急の名プレーヤーで、新人王に輝くなど、小柄ながらパンチの効いた勝負強いバッティングが魅力的でした。1984年のロス五輪(当時は公開競技)で、見事、金メダルを獲得したメンバーで、あのオリエントエクスプレスと言われた、台湾の郭泰源投手(後に西武の主戦投手として活躍)からホームランを打った熊野さんです。輝かしい球歴の持ち主です。

  いまでは、オリックスのスカウト部長として、新人選手の発掘、獲得に東奔西走されています。「大前君、ひさしぶりやなぁ」と声をかけてくださった熊野さん。「少し、お話を聞かせていただけますか・・・。軽い取材で・・・」との僕のオファー快諾してくださいました。

  「ドラフトも終わって、今はホッと一息ですね」と切り出すと、「まぁ、そうやね。でもな、本契約を済ませるまでは、まだ気が抜けないんよ。それが終わったら、入寮やら自主トレやら、見届けるんやけど、新人をしっかり現場(チーム)に預けるまでは、僕らの仕事やからね・・・。それまでは、まだまだかなぁ」と熊野さん。

「そういう熊野さんだって、昔はドラフトで指名されて(1979年にはヤクルトから3位指名をうけるも中央大学から社会人の日本楽器に進み、ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得。その秋、ドラフト3位で阪急に入団。見事新人王に輝いた)この世界に飛び込んで来られたわけですから、このドラフトの時期になると、ご自身が指名された時のことなど思い出されるんじゃないですか」と問えば、「そうやね、やっぱり思い出すよな・・。俺の場合、2度、指名されたからな(笑)」

  球団の将来を担う選手の獲得に力を尽くし、心を砕くスカウトマンにスポットが当てられることは滅多にありません。しかし、球団の中で、極めて重要なセクションであることは明らか・・・。まさに、縁の下の力持ち的な存在であるわけです。今季、多くの若手が台頭し、バファローズは前年の最下位から2位へと躍進しました。「ここ数年に入ってくれた選手たちが頑張ってくれるのは、僕らの励みになるよ。それに、他球団のスカウトさんから『オリックスは、最近、いい選手獲れているよなぁ』って言って貰えるようになって、これもちょっと、鼻が高かったりして・・・・」と、熊野さんは笑いました。

  今年のオリックスのドラフトについても、熊野さんにお話を伺っていますので、そちらは、オリックス携帯サイトの「Bsリポート」に近日掲載したいと思っています。是非チェックしてくださいね。宣伝でした。

  数年前、オリックスの谷村智啓スカウト(関学の先輩です)が僕に語ってくれた言葉が忘れられません。「大前なぁ、スカウトが一番大切にせなあかんのは、“縁”と“運”や・・・。この両方があって、初めて、選手と球団が相思相愛になれるんや。このふたつのうち、どちらが欠けてもあかん・・・」

  今年も、凡人には持ち得ない才能を有した数多くの新人選手が、プロの門を叩きます。スカウトマンとの“縁”と”運”に導かれて・・・・。


   
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:2 | トラックバック:0
<<つれづれscene261:強っ!西武・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene259:何か変!?>>
この記事のコメント
こんにちは
久しぶりにBsの話題ですね。
今秋季キャンプの真っ最中ですが選手のブログを見ているとかなり厳しい毎日を送っているようです。
この効果が来季にどう出るかいまから楽しみです。

オリックスのスカウトの皆さんは本当に素晴らしいと思います。ドラフトの時点では他球団からそれほど評価が高くなくても入ると「あ、オリックススカウトの目は間違いではなかった」という選手を多く輩出していると思います。小松投手や金子投手は正直自由枠じゃなくても獲れたというのが当時の評価でした。でも今では欠かせませんしソフトバンクの王さんの「小松は地元の選手やのにどうして取れなかったのか」という言葉は最高の評価だと思います。かつてはイチロー選手を4位で指名しましたよね。のちに地元の中日が嘆いていたのは有名な話です。たとえオリックスで芽が出なくても他球団で活躍している選手もいるという点では本当に素晴らしいです。今年の指名選手では甲斐投手に期待しています。赤川投手や大田選手を回避してまで指名した甲斐投手がプロでどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。長野商業を出た金子投手もいますし「長野が生んだオリックスのKKコンビ」って感じで呼ばれるようになると長野にもファンが増えるのではと考えたりもします。


2008-11-09 Sun 13:48 | URL | 徳 #-[ 内容変更]
徳さんへ・・・。こんばんわ。寒くなりましたね。日本シリーズは西武の勝利で幕を閉じました。ずっと、パ・リーグの野球を観ている僕には、当然の結果に思えました。西武はいい野球しましたね。天晴れですね。来週はアジアシリーズです。順当に行けば決勝は、西武対SKでしょうか・・・。
さて、Bsの今年のドラフトですが、甲斐投手には相当、スカウトの皆さんは期待しているようですよ。ここ数年に見た高校生としては群を抜いているとか・・・。楽しみですね。
2008-11-09 Sun 23:20 | URL | 大前一樹 #TBJs9HIM[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |