FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene27:負けられない一戦
2008-01-12 Sat 23:17
 雨の中の早慶決戦を見ながら、明日の実況のため資料作りをするうちに時間が過ぎてゆきました。早稲田も簡単には勝てなかったようですね。負ければ終わりの学生スポーツですから、目前の勝利に対する執着は相当なものであることは容易に想像できるのですが、大学選手権のファイナルも選手達の想いが詰まった一戦だったに違いありません。明日、僕が実況を担当するジャパンラグビートップリーグ・神戸製鋼対トヨタ自動車の試合もお互いが負けられないガチンコ勝負となりそうで、勝利への拘りという点で、学生達のそれと何ら変わりはないはずです。負ければ、プレーオフトーナメントへの道が大きく遠のくだけに、激しい試合が予想されます。楽しみです。
 さて、トヨタのデータを調べているうちに、ふと5年前の試合のことを思い出しました。2003年1月5日の瑞穂競技場で行われた、トヨタ自動車対ワールドの激戦です。ラグビーファンの方ならきっと覚えていらっしゃるのではないでしょうか?この試合に勝ったチームがその年の秋に発足、開幕するジャパンラグビートップに参入できるという大一番だったのです。逆に負ければ、地域リーグでの試合を余儀なくされるという試合、まさに生きるか死ぬか、天国か地獄かという戦いでした。この年、日本のラグビー界は大きな変革期を迎えようとしていました。地域の枠を取り除いた全国規模のトップリーグの立ち上げを控えていたのです。日本ラグビーの振興と強化を目的とした、いわば乾坤一擲の大変革が企てられていたのです。
 第55回全国社会人大会のプールCに入っていたトヨタとワールドはそれぞれ、同じプールのNECとリコーに敗れ、0勝2敗でその戦いを迎えました。ともに決勝トーナメント進出の夢は破れ、この試合の意義は、トップリーグに参入できるか否か、その一点だけでした。その日、その時間、僕は花園で高校ラグビーの準決勝第2試合の実況を担当していました。啓光学園対大阪工大の熱戦でした。花園が啓光学園の劇的な逆転勝利に沸き返る頃、瑞穂でも、すでに明暗が分かれていたのです。
 実はこのトヨタ対ワールドの一戦は録画で深夜に放送されました。勿論、JSPORTSで・・。その実況を担当したのが僕でした。瑞穂で収録したVTRをスタッフが東京に持ち帰り、花園での実況を終えた僕が、そのまま新幹線で東京に向かうというものでした。放送は深夜0時からだったのですが、目の前のモニターに映し出される映像に対して僕が実況を入れるというもので、僕は昼間の結果を知らない状態で喋ったのです。この時は、解説なしの一人喋りでしたよ。しかも、映像はカメラ1台で収録したもの。シンプルな構成でしょ。なにしろ急遽決まった放送だったので・・・。
 前半終わって20対0、トヨタがリード。広瀬のキックが冴えていました。当然試合の流れからトヨタがこのまま勝利するのかと思いきや、なんと後半風上にたったワールドが逆襲をしかけます。20対20の同点として迎えた35分、ワールドのFB福岡がフィールド中央からドロップゴールを決めて逆転。結局このキックによる3点が勝敗を分けたのでした。両チームにとって負けられない試合。大事にボールをキープするために、展開よりも近場の突破を図り、トライよりも確実にスコアするペナルティーゴールを狙うという、負けないためのゲーム運びを両チームは選択し、当然接点での当たりも激しさを極めていました。ある種、負ければ終わりという試合の中で、”大人”が見せた勝利への執着、それは見るものを惹きつける十分な魅力を持っていました。小さな放送ブースで、たった独りで熱く喋った5年前の放送です。
 昼間見た大学選手権での勝つことへの拘りとその努力に感じ入りながら、5年前の”負けられない一戦”をふと思い出したのでした。さて、明日の神戸製鋼対トヨタ自動車、この試合も両チームにとって”勝たなければならない一戦”です。
 


 
スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:1 | トラックバック:0
<<つれづれscene28:気合い十ニ分!だったのですが・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene26:楽苦美な夜>>
この記事のコメント
トヨタ対神戸戦、拝見させていただきました!!!
大前さん、本当におしゃれですね!!!!!!!
グレーのエグゼ・ジャケットすごく格好良かったです。
お揃いのインナーにも気を遣っておられて、
さらにはシャツも白・黒ともに絶妙のコーディネートでした。
心なしか、表情も引き締まってサッパリされていました。
お風邪を引かれて、少し痩せられたからでしょうか。
いずれにしろ、お隣のインテリジェンヌ藤島がかすんで見えました。(藤島さんもおしゃれですねー)。
さて私はトヨタファンですが、ライダー選手さすがですね。
大前さんもオンエアからライダー選手の名前を連呼されていて、すごく嬉しかったです!!
ではこれからも頑張ってください。
次の大前さんの実況の予定等おしえていただけるとうれしいです。
2008-01-13 Sun 23:25 | URL | チロル #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |