FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene229:やるなぁ、小松!
2008-09-28 Sun 22:53
   急に気温が下がって、不覚にも風邪を引いてしまいました。お喋りを生業とする者にとっては、はなはだしいプロ意識の欠如であり、自己管理の甘さをひとり反省しています。熱っぽい口の中にタピオカとココナッツミルクを流し込みながら書いています。

   昨日は、あまりにも辛い(オリックスの)敗戦に、さすがにキーボードを叩く気が起こりませんでした。本当の勝負どころでの勝つことの難しさをチームは肌で感じているのでしょうね。昨夜、オリックスナインは仙台から所沢に近い立川まで移動したはずです。延長11回の敗戦後、ホテルに戻って着替えを済ませ、どんなに早く新幹線に飛び乗ったとしても、東京に着く頃は10時すぎ。そこから、立川ですから、宿舎に入るのは日付が変わるころです。パ・リーグの移動で、一番厄介なのが所沢発着のそれ。重い敗戦後の移動はきついだろうな・・・・。

   しかし、今日も小松投手がやってくれました!本当に凄い。なぜか、チームが窮地に立たされた時にマウンドに上がることが多い小松投手ですが、何度彼がチームを救い、生き返らせたか?もう、少々訛っても許します。ギャグがすべっても笑います。本当に素晴らしい!9連勝で15勝という数字以上の凄さを感じます。実は、この記録(数字)とチームへの貢献度がリンクしない場合って、よくありますよね。そういう意味では、まさに今年の小松投手の働きは誰もが認めるところでしょう。

   残念ながら、今日はアウェイゲーム。しかも西武・高木選手の引退セレモニー実施とあって、小松投手の「K・I・T・Aキターーーーーーーーーーーーーーーーー」の雄たけびを聞くことはできませんでしたが、次は、クライマックスシリーズで聞きたいものです。きっと、新ネタを仕込んでくるはずですから・・・、彼の場合。ナイスピッチング、お疲れ様でした。

   さて、夜の中日ー巨人戦では巨人が負けて、単独首位は阪神。3位には中日と広島が並ぶと言うデッドヒート。セ・パともにクライマックスシリーズ導入で、消化試合がほとんど姿を消したのですから、この制度の採用は大成功と言っていいでしょう。あ、そうそう、JーSPORTS公式HPの中の「野球好きコラム」に、このプレーオフねたで寄稿していますので、ご一読いただければ幸いです。

   パ・リーグは西武が制しました。あとはセ・リーグです。阪神が一歩リードしているものの、まだまだこの先、予断を許さない状況が続きそうです。なのに・・・!この写真・・・。

s-9月28日①

   ある関西のスーパーマーケットの入り口にあった貼り紙です。商魂逞しいというか・・・。どこまでも関西は「何が何でもタイガース!」なんですね。阪神が優勝しなくても、セールはしそうだし。“残念”の文字を手書きで足してね。

   
 
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene230:しびれた・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene228:不毛>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |