FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene209:緊張のAクラス!
2008-08-31 Sun 02:08
 ちょっと、来たんじゃないですか?オリックスですよ。30日の試合は快勝でした。これで日本ハムには8連勝で、ついに3位に並びました。この時期にきてのAクラスは仰木監督が采配をふるっておられた2005年シーズン以来3年ぶりのことなのですが、なにぶん、“Aクラス”なんて響きに慣れていないもので、意味もなく緊張してしまいます。

  3年前、球団合併1年目のシーズンのこの時期、オリックスはプレーオフ圏内の3位につけていました。当然、球場の演出やポスター、さらにはCS放送では、「行くぞ!プレーオフ」的キャンペーンで盛り上げ始めたのですが、ある時、それら企画にストップがかけられました。「まだ早い。これから勝つのが本当に難しいんや。周囲で変に騒がないでくれ・・・。君らの気持ちもわかるがね・・・」監督室に呼び出された僕は、仰木監督にそう言われたのです。

  勝負のあやを知り尽くした名将には、“プレーオフ”という言葉を口にするには、時期尚早と感じられたのでしょうね。まだ、それを語る時期ではないと判断されたのでしょう。勝負師の勘は当たっていました。そこから、チームは坂道を転げ落ちていったのですから・・・。勘ではなく、そうなることが仰木監督には見えていたのかもしれません。その時、すでに随分、体調を崩されているご様子で、チームの先のことよりも、監督のお体の具合のほうが案じられてなりませんでした。

  僕の言いたいことは何か?そうです。3位にはなりました。大石監督のもとチームは言い方向に動いているのも事実です。しかし・・・、です。まだ26試合残っています。ここで一気に大型連勝でもできれば話は別(そうなることを切に願いますが・・・)ですが、残念ながら今のパ・リーグの各チームは力が拮抗していて、すんなりこの混戦を抜け出せるとは考えにくいですよね。そうすると、今は、しっかりこの位置をキープしていて、しかるべきタイミングでスパートをかけるという展開になるのがいいのではないでしょうか?3年前、仰木監督がおっしゃったように今はむしろ、少しトーンを落として静かに、事の成り行きを見つめて行きたいと、僕は考えています。

  そーっとついていって、そして最後に一気にライバルを抜き去る!この展開を僕は(勝手に)思い描いているのです。

  今のオリックスは弱くないです。遠回しに、しかも控えめに言ってます。日本ハムの福良ヘッドコーチも小声で言ってました。「大前さん、一番不気味なのは、オリックスやで。ホンマに・・・」って。

  単独3位をかけての31日の試合は重要ですよ。ちょっと緊張してきません?


   
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:2 | トラックバック:0
<<つれづれscene210:来たーーーーーーー!けど・・・・。 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene208:今日の千葉マリン>>
この記事のコメント
つ、つ、遂にやってきてしまいました!
5割復帰ですよ!単独3位ですよ!
Aクラス...なんてすばらしい響きなんでしょう(涙)
まだまだ目指すところは上ですが、やっぱりうれしい!
投打が噛み合ってますもんね。強いですよね!
ファンは全力で応援しています!
大前さんもがんばってください!
2008-08-31 Sun 23:39 | URL | ラルゴ #guhXmcAg[ 内容変更]
ラルゴさんへ・・・。
コメントありがとうございます。Jスポーツの三木Pからも「オリックス、強いやん!こりゃ、(クライマックスへ)行くかもしれんな!」って電話がかかってきました。ラルゴさんの様に弱いときもずっと応援して下さっていた方には、Aクラスという響きの甘美さは、いかばかりのものでしょう・・・。これからも、気を引き締めて、見守っていってくださいね!ありがとうございました。
2008-09-01 Mon 00:11 | URL | 大前一樹 #TBJs9HIM[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |