FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene206:球界初!
2008-08-26 Tue 00:31
 25日の千葉は雨。しかし夕方に上がった雨は試合中は全く落ちてきませんでした。試合(ロッテ対オリックス)は無事行われました。

 今日の千葉マリンのイベントは画期的というか斬新というか・・・。さすがはマリーンズの企画です。そのイベントは試合終了後に、グラウンドで行われたのですが、いやぁ、球界初の試みだということでした。その内容とは・・・。

 “球界初の試み!”という枕詞?が冠されたそのイベントは、「稲川淳二のこわ~い話!」そりゃ、球界初でしょ・・・。

 試合終了後、グラウンドの照明は落とされ、ぼんやり浮かび上がるマウンド。そこに立てられた一本のマイク。そこであの稲川さんが、こわおそろしい話を語るというものでした。誰が考えたのでしょう!素晴らしい企画です。ロッテならでは!

 怖い話が大嫌い(というより苦手)な僕は、放送終了後にそのイベントを見ずして球場を後にしたのですが、さて、どんな怖いお話が語られたのか、おそらくはしばらくの間放送席に残って、稲川さんの怖い話を聞いたであろう、キャシャリンこと吉田ディレクターに取材したいと思います!

 僕が今回の千葉遠征で宿にしたのはホテル・ザ・マンハッタン。17階の部屋からは、マリンスタジアムが見下ろせるのですが、薄暗く灯った照明が不気味です。あのスタジアムで恐ろしい話を、あの稲川さんが語っていると思うだけでぞっとします。窓のカーテンを思わず閉めてしまいました。このホテル、カーテンがスイッチひとつで開閉します。結構、気に入って遊んでしまいます。

 この季節に稼ぐ人、怪談の稲川さん、そして関西エリアでは、河内音頭の河内屋菊水丸さん。ならば、京セラドームでの試合後は、盆踊りでもすりゃ、いいのに・・・・。これも球界初、間違いなし!


 
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene207:ハムバージョン弁当の正体 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene205:野球は冬季五輪で???>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |