FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene204:野球日本代表 
2008-08-23 Sat 00:19
  ソフトボールに続け!と、いい流れに乗りたかった野球日本代表でしょうが・・・。なんとも悔しい敗戦でした。戦って負けた選手の皆の悔しさは、僕らの比ではないでしょう。

  スカイマークスタジアムでオリックスの練習を取材していた僕はオリ番の河合記者のワンセグを時折覗きながら、日本代表の試合経過を気にしていました。オリックスの練習が終わった時点では、2対0で日本がリードしていて、米村コーチの「さあ、みんな!日本の応援や!」の声で、みんなロッカーに引き揚げて行ったのですが・・・・。

  “勝負は時の運”と言われます。しかし、日本はその運を掴むことができませんでした。流れを掴むことができませんでしたね。残念で仕方ありません。日本のプロ野球のトッププレーヤー達で挑んだオリンピックです。少なくとも日本をターゲットにしてきたアジアのチームには負けてはならなかったはずです。韓国と2度戦って、2度とも敗れました。もはや日本の野球はアジアのフラッグシップではないということです。プロ・アマ混成で戦った2000年のシドニー大会での敗戦とは、その重みは違うはずです。

  WBCで王監督は”スモールベースボール”と言う明確なストラテジーを打ち出しました。その戦略・戦術を忠実に選手達が実践し、世界一の栄冠を手にしました。今度の日本代表の野球からは、目指す形、色が見えてこなかったのは僕だけでしょうか?明日はアメリカ戦。銅メダルをかけての対戦です。

  アマチュアオンリーで戦った1984年のロサンゼルス五輪以降の4大会で、日本は、金→銀→銅→銀と必ずメダルを獲得してきました。プロ主導になってから、逆に苦しんでいるのですから皮肉なものです。明日は負けられない一戦です。

  
 
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene205:野球は冬季五輪で??? | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene203:齧ったメダルはどんな味?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |