The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
つれづれscene195:あらまほしき放送
2008-08-10 Sun 00:12
  野球日本代表の強化試合が8日、9日の両日、東京ドームで行われました。JーSPORTで放送されたこれらの試合、残念ながら、僕は関わることができなかったのですが、8日の放送(日本代表対パ・リーグ選抜)は、なかなか格調高く興味深く観ることができました。←完全に一視聴者と化していました。

  何が格調高かったか?出演者です。実況アナはかつてのNHKのエース、島村俊治アナウンサー(僕にとっても大先輩であり、大師匠です)、解説陣は山下大輔さん、さらにはかつて全日本を率いた松永怜一さんのおふたり。特に、島村さんと松永さんとのマッチアップ(←使い方、間違えてるかも・・・・)は、かつての甲子園での高校野球中継を彷彿させるもので、懐かしさと同時に、ある種の新鮮味を感じました。

  松永さんといえば、金メダルを獲得した1984年のロス五輪時の全日本の監督で、星野ジャパンを支える山本浩ニ、田淵幸一両コーチは、法政大学監督時代の教え子にあたります。僕も松永さんとは、都市対抗野球や社会人野球日本選手権の中継などで、一緒にお仕事をさせて頂いたことがありました。野球に熱いお人柄で、かつて野球日本代表がアマチュアで構成されていた時代に、世界と戦っておられた方です。ですから解説にも説得力があるんですね。

  慶應のプリンスと呼ばれた山下さん、法政出身で大学野球や社会人野球などアマチュア野球のレベル向上に尽力された松永さん、おふたりの解説からアカデミックな香りを感じたのは僕だけでしょうか?そこに早稲田の島村アナが絶妙な仕切り!日本の野球の源流がアマチュア野球であることをしっかり示してくれていました。“軽薄”と対極をなす”重厚”な放送で嬉しかったなぁ。最近少なくなった僕にとっての“あらまほしき(あったらいいなぁ)”野球中継でした。

  8日は明らかに格下のメンバー構成(オリックスからは主力クラスが参加していました)となったパ・リーグ選抜には辛くも勝利を収めたものの、有力選手を揃えたセ・リーグ選抜には惨敗を喫した日本代表。さて、これで膿みを出し尽くしたとするのか、あるいはこの不安が危機感を生み出し、それがプラスの方向へとチームを導くものと考えるのか・・・。おおいなる「?」を突きつけられた強化試合であったような気がします。選手の人選も含めて、「これで本当にベストな形なのか?」って思われた方も多いのでは・・・。野球日本代表については、もう北京での活躍に期待するしかないですね。ぶっつけ本番ですね。

  最後にお知らせ2本!

  ①JーSPORTSウェブサイトの「野球好きコラム」に新たに寄稿しました。ご一読いただければ幸いです。

  ②明日はスカイマークでオリックス対ロッテの実況を担当します。山沖之彦さんとのコンビです。


 
スポンサーサイト
別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene196:暑杉(2ちゃんねる風に・・・) | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene194:残暑お見舞い申し上げます!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。