FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene184:奈良大会は明日決勝!
2008-07-25 Fri 00:04
  各地で続々と甲子園への代表校が決まってゆきますね。僕が今年も担当させていただいた奈良大会も、明日がいよいよ決勝戦です。お天気も問題なさそうだし、今年は天候にも恵まれて、順調に日程が消化されました。

  明日の奈良大会の決勝は奈良大学附属高校と智弁学園高校の顔合わせで、実は昨年の決勝戦と同じカードになりました。奈良県の高校野球の勢力図は、ここ数年かわりつつあるように思えます。智弁、天理、郡山の3強(ここ10年、夏を制したのはこの3校だけなんですよ)に加えて、奈良大附属が着実に力を付けてきていますし、今日の準決勝で敗れた登美ヶ丘や橿原学院などもいいチームです。

   つい、6~7年前は、奈良県の高校野球については無関心であったのですが、奈良テレビでお世話になり始めてからは、地元の兵庫や大阪よりも、奈良の学校に目がいってしまいます。

   「決勝まで進むのが僕たちの目標ではありません。目標はその先です!」と力をこめる奈良大附属の田中監督。今日の準決勝では、6年間副部長を務めた郡山を破りました。「森本先生(郡山高校監督)に教えていただいたことは大きいです」と薫陶を受けた恩師を破っての決勝進出です。

  一方、智弁学園の小坂監督は「相手は、天理や郡山など強豪を破ってきたチーム。挑戦者として頑張ります。今日のサヨナラ勝ちは皆で掴んだ勝利。団結力が増しました!」と明日への抱負を語ってくださいました。

  明日、奈良大会は決勝戦。奈良県の代表が決まります!
  
  そして、僕の奈良遠征も終了するのです。長いようで、短かったなぁ。僕も、喋りで全力投球です。

  そんな、僕のところへ、携帯メールが舞い込んできました。海外からです。「今、チェコですねん!」という奈良県人からのメール。そう、Jスポーツの三木Pです。大学野球の世界選手権の取材らしいのですが・・・・。チェコって・・・。遠いなぁ。そこから飛んできた関西弁のメール。地球も狭くなったものです。


  
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene185:夏のひと区切り | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene183:愛読書>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |