FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene16:熱い男二人!
2007-12-30 Sun 21:29
 高校ラグビー、今日はシード校が登場する2回戦16試合が行われ、花園ラグビー場は大勢の観衆で賑わいました。ここから、大会はさらにヒートアップしてクライマックスに向かってゆきます。今日、僕は若狭対日本航空第二、国学院久我山対四日市農芸、東福岡対西陵の3試合の実況を担当したのですが、この現場で、僕は熱い男二人に出会いました。情熱に溢れたお二人です。
 まずおひとり目は、若狭対日本航空第二の試合で解説をしてくださった、金信男(キム・シンナム)さんです。大阪朝鮮高級学校の前のラグビー部監督です。ラグビーを心から愛する方で、「高校ラグビーをもっと多くの人に見て欲しい。こんな素晴らしいスポーツはないですよ。一度、見てくだされば、ラグビーの良さを分かっていただけるはずです」と熱っぽく話してくださいました。昨年まで23年間、大阪朝高の監督をつとめられ、激戦の大阪地区で戦いながら、全国レベルの大会に通用するチームを創り上げてこられた方で、多くの朝高ラガーマンを大学、社会人に送り込まれています。この方とラグビー談義をさせていただいているとお話は尽きません。思わず携帯電話の番号を交換してしまったほどです。放送の解説でも、高校生のプレーに対し、愛情のこもったコメントをつけてくださいました。熱い方でした。
 そしてもうひとりは、四日市農芸の下村大介監督です。もう、この方、高校ラグビー界では名物監督で、中学までラグビー経験のない選手を、全国レベルの選手にまで育てる手腕には驚かされるばかりです。「ラグビーに関しては素人の集団がシード校を倒せるというところを見せたいんです。強豪校を倒すことを目標にしています」。今日の相手は、東京の国学院久我山。伝統の強豪校です。「久我山とは、この花園で過去2回対戦しているんです。11年前は105対0で負けました。9年前は38対5で負けました。2年間で点差を詰めました。あれから9年たって、どこまで点差縮められるか楽しみです。勿論、勝つつもりですが・・・(笑)」。その笑顔には自信が溢れていました。「先生、今日はチームカラーのグリーンのダッフルコートですね!」と僕が訊きますと、「実は9年前、久我山に負けた時に着ていたのがこのコートなんです。今朝、僕の恰好を見て、生徒達が、『先生、そのコート、前の久我山戦の時の・・・』っていうんです。みんな、あの時のビデオを見ていたので、すぐにピンときたみたいです」と、下村先生。あの時の悔しさが染み込んだコートだったんですね。「見ていてください!」としっかり僕に握手をしてくださって、グラウンドに向かっていった後姿、グリーンのダッフルコートが渋かったなぁ。結果は5対10の惜敗。シード校を追い詰めた素晴らしい試合でした。選手を迎えた下村先生の目には涙が・・・。でも、105点あった差が、11年で5点にまで縮まったのです。さあ、高校ラグビー、次は元日に行われる3回戦です。今年も、僕はお正月を花園で迎えます。
 さて、話し変わって、昨日お約束した、旧車のプチドレスアップの事。交換したシフトノブは下の写真です。ウッドとレザーのコンビで、随分すっきりした”after”でしょ。ちなみに”before”は前日のページをご参照ください。
s-PC300067.jpg

  明日は、大晦日、僕の1年は大晦日のゴルフで暮れることになっています。毎年、寒い中でのゴルフです。ナイスショットで2007年が終わればいいのですが・・・。
スポンサーサイト



別窓 | ラグビー | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene17:日中ゴルフ対決! | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene15:旧車の1日ドック>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |