FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene148:神宮界隈
2008-06-10 Tue 23:59
  さて、これは何でしょうか?

s-6月10日


 国立競技場です。正式名称は国立霞ヶ丘陸上競技場なんだそうです。1964年に開催された東京オリンピックのメーンスタジアムです。

 今回、東京での宿は日本青年館なのですが、部屋の窓からこうやって国立競技場が望めるのです。大学野球選手権のために神宮球場に程近い宿ということで、このホテルを手配していただきました。いやぁ、神宮球場まで徒歩3分。窓からは国立競技場、神宮球場のお隣は秩父宮ラグビー場と、僕にとってはとても刺激的な場所なんです。
 
  とはいっても、今日僕が担当した大学野球選手権の会場は東京ドームだったので、神宮まで徒歩3分という好立地を活かすことができず、残念でした。

  東京ドームでの大学野球は正直、少なからず違和感を覚えてしまいます。まるでちょっと地味な都市対抗野球を観ているような錯覚に陥ってしまうのは僕だけでしょか?高校野球を東京ドームで開催するほどミスマッチではないのですが・・・。”熱闘!東京ドーム”なんていう高校野球ハイライトなんてあり得ないですよね。そう考えると、やはり学生野球の聖地は神宮球場ですよね。


  明日は全国大学野球選手権2日目です。僕の担当は神宮での第一試合、明治対関西国際の勝利インタビューです。明日こそ、神宮球場まで徒歩3分という日本青年館の好立地の恩恵に浴したいと思っています。午後は大阪に移動して京セラドームでのオリックス対横浜戦です。


スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:1
<<つれづれscene149:神宮の杜 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene147:大学野球>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
高校野球 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… …
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |