FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene147:大学野球
2008-06-09 Mon 23:55
  素晴らしい日本庭園です。
 
s-6月9日


  とはいうものの、別に庭園鑑賞に来たわけではありません。上の写真は東京・明治記念館の中庭です。だからといって、明治記念館でのパーティーの司会のお仕事に来たわけではありません。念のため・・・。

  10日から始まる第57回全日本大学野球選手権の記者会見場が、この明治記念館で行われたのです。懇親会も兼ねたこのパーティーには、参加26大学の監督・主将が参加するため、僕ら中継に携わる関係者にとっては絶好の取材のチャンスなのです。

  初日に担当するカードは龍谷大学対中部大学、広島経済大学対函館大学の2試合。各校の監督・キャプテンからじっくりお話をお聞きすることができました。皆さんの健闘を願ってやみませんが、実況を担当する側も、心して皆の一所懸命のプレーを伝えたいと思います。

  意外にも。大学野球の実況はなんと今回が初めてなんです。草野球から始まって、プロ野球、社会人野球、高校野球などは当たり前のように喋っている(いた)僕ですが、大学野球は初めて。中部大学同様、初出場です。

  毎年、奈良テレビの高校野球中継でご一緒させていただいている奈良産業大学の藤原監督ともお会いできました。頑張ってください!

  高校野球よりもずいぶん大人でありながら、プロや社会人の選手と比べるとまだまだ初々しい大学生。母校の名誉を背負って戦う彼等の溌剌としたプレーに注目したいと思います。

  日本でプロ野球が誕生する以前の野球といえば、大学野球を指しました。日本に野球を定着させ、人気スポーツに仕立て上げた立役者こそ大学野球だったのです。その証拠に、黎明期のプロ野球界は、競って神宮のスター選手の獲得に動きました。当時の職業野球は、大学野球の延長線上にあったといっていいでしょう。

  そんな日本野球のルーツとも言える大学野球、しかも全日本選手権という大舞台で仕事ができることに感謝するとともに、気を引き締めて、実況、頑張ります!


  
スポンサーサイト



別窓 | 野球 | コメント:0 | トラックバック:0
<<つれづれscene148:神宮界隈 | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene146:福岡ナイト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |