FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene115:大型連休
2008-04-25 Fri 23:45
  いよいよ、ゴールデンウィークが始まりますね。皆さんはどんなふうに過ごされるのでしょう?旅行、帰省、ショッピング、etc・・・。どこに行っても人、ひと、ヒト。道路は渋滞。連休とは無縁の僕には、「ゴールデンウィークって?」って感じです。

  かつて、局のアナウンサーをしていた頃もずーっとこの時期は仕事でした。ニュースでは、「ゴールデンウィークを海外で過ごす人たちの出国ラッシュが始まり・・・」や「連休をふるさとや行楽地で過ごす人たちで駅は混雑し、高速道路も渋滞が始まりました・・・」なんてよく読んだものです。

 そもそも、ゴールデンウィーク(=黄金週間)って言葉、いつ頃から使われ始めたかご存知でしょうか?もともと、この「ゴールデンウィーク」なる言葉、映画の業界用語だったそうなんです。この連休時期は、お正月やお盆並みの興行収入があったことから、映画会社の大映が、この時期を「ゴールデンウィーク」って呼び始めたらしいのです。時は1951年。その言葉が広まって、映画業界に限らず、一般でも用いるようになったとか。

 ちなみに大映は、秋の文化の日周辺の連休期間を「シルバーウィーク」と銘打ったそうなんですが、こちらは、広く世間に流布しなかったようで・・・。

 ところで、この時期、テレビ、ラジオのニュースを見聞きしているとお気づきになることがあるはずです。民間放送局では「ゴールデンウィーク」という表現を使用しますが、公共放送たる日本放送協会では、この言葉は使いません。では、何と表現するのか・・・。

 NHKでは「大型連休」という用語で統一されています。ニュース7の武田アナや昼間の定時ニュースを担当する登坂アナは勿論のこと、気象予報士の半井さんや山本さんだって「ゴールデンウィーク」とは言わず、「大型連休」という言葉を用います。

 なにゆえか?先に記した通り、「ゴールデンウィーク」が映画という特定の業界用語だったことが一番大きな理由です。特定業種の宣伝につながりかねないという懸念があるのでしょう!あとひとつは、視聴者(聴取者)への配慮だとか・・。「何がゴールデンウィークだ!オレは休みもなく働いているんだ!」なんていう苦情もあるようで。放送している側も働いているのにね・・・。

 さて、明日から始まる「大型連休」、皆さんにとって、「ゴールデン」な日々なのでしょうか?



スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:3 | トラックバック:0
<<つれづれscene116:黄金週間の始まり | 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ | つれづれscene114:おとなの事情>>
この記事のコメント
自分もゴールデンウィークはカレンダー通りで決してゴールデンではないくちです!
オリックスは二夜連続のサヨナラ負けでしたね・・・。がっくりきましたよ・・・。去年のような思いはしたくありません!応援しますよ!
大前さんも実況がんばってください!
2008-04-26 Sat 00:31 | URL | ラルゴ #guhXmcAg[ 内容変更]
実況の大前さん!
オリックスの実況で大前さん知ってここに辿り着きました

大前さんのあの実況好きです
ご機嫌ナナメの解説さんを持ち上げたり、調子にのってしまった解説さんをなだめるあの進行具合がたまりません!! なにより耳障りの良い声で聞きやすいです

頑張ってください
2008-04-26 Sat 00:57 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
ラルゴさんへ・・・。
そうですよね。オリックスは昨年の大型連休中は超大型連敗でしたよね。10連敗でした。連休期間中にひとつも勝てなかったんですよね。ここに来ての連夜の延長サヨナラ負け。連休前までのペースでいうと、今年の方が悪い!何故?シーズン前の二重契約問題や、審判の判定など、オリックにとって不利なものばかり。個々の選手は素晴らしいのに・・・。何故?応援しましょう!

ゆうさんへ・・・。
いつもご覧いただいているようで、有難うございます。解説の方は基本的にいい方ばかりで、楽しくお喋りさせていただいていますよ。勿論、皆さん、個性がおありで・・・。今のメンバーで、一番長くご一緒させていただいているのは野田浩司さんでしょうか?僕が、オリックス戦の中継を担当させていただいて最初のお相手は、梶本隆夫さん(故人)でした。優しい人柄の表れたお話がとても好きでした。また、中継の方、ご覧下さいね。次回は5月1日のオリックス対楽天戦を担当します。
2008-04-26 Sat 10:25 | URL | 大前一樹 #TBJs9HIM[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |