fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene430:週記
2009-12-07 Mon 02:11
 もはや、日記=ダイアリーではなくなってしまっている徒然歳時記ですが・・・。日記ならぬ“週記”ですよね。“週刊つれづれ歳時記”とでもタイトルを変えたほうがいいかも・・・。関係各方面の方々が、僕の動向をこのブログでチェックしておられるので、申し訳ないくらいで・・・。

 今、i-podをシャッフルにして曲を聴いていますが、マッキーからクラッシックまで、ジャンル様々、年代バラバラで・・・。そして、最近、凝っているウイスキーをサイダーで割ながら飲んでます。今日は、バーボンです。日本人に生まれていなかったらアメリカ人になりたい僕ですから、スコッチよりもバーボンかもしれません。どうでもいいことです。従って酔っ払いです。

 最近の出来事・・・。

 いつもサッカー番組でご一緒させて頂いています、加茂周さんが率いる関西学院サッカー部が関西で優勝を飾りました。元日本代表監督に指導してもらえる学生は幸せです。学生スポーツの成否は、指導者にかかっているということがよくわかります。

 指導者といえば、フルタイムのコーチがいない、関西学院のラグビー部が全勝で関西を制しました。2連覇です。関西の雄である同志社を2年連続で破っての優勝です。5年前には同志社に100点取られて負けたチームが、ミス多くしてベストパーフォーマンスでない内容で同志社を圧倒したのですから・・・・。

 関西学院のお家芸である、あのフットボールとは違う、2つのフットボール競技で関西制覇ですから・・・。

 今日、6日はラグビートップリーグの実況で、野沢武史さんとご一緒させていただきました。野沢さんといえば慶應義塾、神戸製鋼でプレーされたラガーマンです。野沢さんが慶應の主将として大学選手権に進んだ2001年、僕は、花園で立命館対慶應の試合を実況しました。あの時は、慶應がはじめて、セカンドジャージーを纏っての試合だったことから、鮮明に記憶しているゲームだったのですが、そんな昔話に花を咲かせながら、とても楽しくお仕事ができました。とても激しいプレーが信条だった野沢さんですが、なかなか、クレバーな解説で、僕も勉強になりました。

 早いもので、もう師走。今月は、高校ラグビーのほか、初参戦の高校バスケットのウィンターカップなど、忙しくも楽しい年の瀬です。さて、次の更新は来週かな・・・。何しろ日記ならぬ“週記”ですから。

 また来週です。


スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:2 | トラックバック:0
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |