FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
つれづれscene348:桜、咲く。桜、散る。
2009-04-07 Tue 00:56
  声出しの仕事がない日は、緊張感から解放されて、ダラーっとしてしまいます。スポーツナビ用の原稿を書き上げ、編集部にメールアウト。出来栄えはどうであれ、脱稿してしまえばこっちのものです。

 「そうだ・・・。桜でも・・・」と近所の桜のトンネル道へ。思わず車を停めて、写真をパチリ。去年もこの時期のブログで紹介した桜並木です。特段、桜の名所でもないのですが、ちょっとお洒落なカフェやスィーツのお店が連なる小さな通りには、カメラをぶら下げた人もチラホラ。お天気も良かったし・・・。

s-2009.4.6①

  日本人の"桜好き”については、去年の徒然歳時記で触れました。春の桜と秋の紅葉は僕らの感性をほどよく刺激するみたいです。

  開花から満開までの期間が今年は、ことのほか長いようで(記録的みたいですよ)、いつもより余分に、桜の花を楽しめるのだそうです。なんでも、開花時期に到来した真冬並の寒波で、開花速度が鈍ったためだとか・・・。

  始まりは終わりの始まりというパラドックスは、桜の花にこそあてはまるというもの。咲くは散るの始まりなのですから。咲く喜びと散る儚さ、どちらに気持ちは動きますか?“パっと咲いて、パっと散る”のが本来の桜。“ボチボチ咲いて、ボチボチ散る”今年の桜もまた、それはそれでいいのかも・・・。

  
 
スポンサーサイト



別窓 | 日常 | コメント:1 | トラックバック:0
| 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ |